TOP

【福岡•博多駅から新大阪駅8300円〜】新幹線の格安チケット料金

大阪ー福岡・博多の格安新幹線

 

格安マスター
福岡•博多ー新大阪の新幹線格安チケットの情報をまとめました。

 

博多ー新大阪の格安チケット登場!

現在、福岡・博多ー新大阪の最安チケットは「トクトクこだま・ひかり」となっています。

  • 博多ー新大阪:8,300円

往復ならさらに片道100円割引で、往復16,400円となります。現時点で、博多・小倉〜関西の新幹線の最安です。

前日まで予約可・指定席・ひかりも乗車可です!詳しくはこちら。

トクトクこだま・ひかり|料金・詳細

 

通常の博多ー新大阪の新幹線料金(片道)は下記の通りです。駅の窓口で購入するとこの料金になります。

  • 15,600円:のぞみ・みずほ
  • 15,280円:さくら・ひかり・こだま

正直、高いですね。

これを格安にする方法があります。
7,000円以上安くなって、新大阪ー博多が8,300円〜になります。

 

格安マスター
とりあえず簡単に、このページの結論を書いておくよ!

● 博多ー新大阪の格安新幹線まとめ

博多ー新大阪の新幹線格安術を簡単にまとめると、こうなります。

以降、大阪〜福岡(新大阪駅ー博多駅)の新幹線の格安情報、料金等について詳しくまとめましたので参考にしてください。

新大阪ー小倉の格安チケットに関してはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:小倉から新大阪 新幹線 往復 格安チケット料金

 

目次

条件(片道・往復・日帰り)によって違う格安チケット【博多ー新大阪】

博多ー新大阪の新幹線は、条件によって格安にする方法が異なります。

条件によって格安の方法は異なるので、ここでは以下の3つのケースに分けて解説しています。

  1. 往復で宿泊する場合
  2. 往復または片道で「こだま」利用の場合
    ※新幹線チケットのみで宿泊なし
  3. 往復または片道で「のぞみ」利用の場合
    ※新幹線チケットのみで宿泊なし

基本、博多から新大阪(上り)と新大阪から博多(下り)、どちらもJRの新幹線料金は同じですが、まれに片方向限定でキャンペーン等があったりします。

新大阪ー福岡・博多は、格安チケットの選択肢が結構多い区間でもあります。

 

【博多駅から新大阪駅】新幹線の格安チケット料金リスト

まず、博多ー新大阪の新幹線料金の一覧表をみておきましょう。

博多ー新大阪の新幹線料金(片道)

格安マスター
博多ー新大阪の格安チケットを安い順に並べてみたよ!
  •   8,300円 ー トクトクこだま・ひかり
  •   8,600円 ー バリ得こだま・ひかり
  •   8,660円 ー こだまスーパー早特きっぷ
    ※販売終了
  • 11,690円 ー スーパー早特きっぷ
  • 12,770円 ー EX早特(土休日)
  • 13,140円 ー EX早特(平日)
  • 13,490円 ー エクスプレス予約(EX予約)
  • 13,490円 ー eきっぷ
  • 13,490円 ー e特急券
  • 13,520円 ー 指定席回数券(=金券ショップ)
    ※販売終了
  • 14,750円 ー 自由席(スマートEX)
  • 14,750円 ー 自由席
  • 15,080円 ー さくら・ひかり・こだま(スマートEX)
  • 15,280円 ー さくら・ひかり・こだま(指定席)
  • 15,400円 ー のぞみ・みずほ(スマートEX)
  • 15,600円 ー のぞみ・みずほ(指定席)

安さ最優先なら「トクトクこだま・ひかり」がいいでしょう。こだま(ひかり)の格安チケットです。

トクトクこだま・ひかり|料金・詳細

バリ得こだまも同レベルに格安です。両者は販売元が違うだけで同じチケットです。

「バリ得」こだま・ひかり

「トクトクこだま・ひかり」の詳細は以下にまとめられています。
関連ページ:【格安新幹線】JTB「とくとくこだま・ひかり」は安い?
関連ページ:バリ得こだまは本当にお得?トクトクこだまと料金を徹底比較してみた!

博多ー新大阪の新幹線料金(往復)

次に往復の場合です。博多ー新大阪間は往復だと往復割引が適用されるので、少しだけお得になります。

また、宿泊有りの往復なら「新幹線パック」も利用できます。

  • 16,400円 ー トクトクこだま・ひかり
  • 17,200円 ー バリ得こだま・ひかり
  • 17,320円 ー こだまスーパー早特きっぷ
    ※販売終了
  • 18,000円 ー 新幹線パック
    ※1泊宿代込み
  • 20,960円 ー スーパー早特きっぷ
  • 24,620円 ー エクスプレス予約(EX予約)
  • 25,020円 ー eきっぷ
  • 25,020円 ー e特急券
  • 25,540円 ー EX早特(土休日)
  • 26,280円 ー EX早特(平日)
  • 27,040円 ー 指定席回数券(=金券ショップ)
    ※6枚綴り(81,120円)の2枚分
  • 27,540円 ー 自由席(スマートEX)
  • 27,540円 ー 自由席
  • 28,200円 ー さくら・ひかり・こだま(スマートEX)
  • 28,600円 ー さくら・ひかり・こだま(指定席)
  • 28,840円 ー のぞみ・みずほ(スマートEX)
  • 29,240円 ー のぞみ・みずほ(指定席)

往復でも、最安は「トクトクこだま・ひかり」です。往復で予約するとさらに片道100円安くなります。

宿泊有りの旅程なら「新幹線パック」がトータルで最も格安になるので、おすすめです。

【新幹線パック】福岡ー大阪

博多ー新大阪の往復割引・料金に関しては、こちらで詳しくまとめています。
関連ページ:福岡•博多-新大阪の新幹線早割【往復16,400円から】往復割引で格安に!

 

博多ー大阪の往復宿泊旅行なら格安「新幹線パック」が最強!

新幹線ホテルパック

宿泊してゆっくり観光したいなら、「新幹線パック」がお得です。

新幹線パックについて簡単に解説しておきます。

「新幹線パック」で博多ー大阪が18,000円〜

新幹線パックは、 以下の2つがセットになった旅行商品です。

  • 新幹線往復チケット(博多ー新大阪)
  • 宿(ホテル、旅館)

新幹線往復チケットとホテル宿泊がセットで、特別割引料金になります。博多〜大阪なら18,000円〜。

新幹線とホテルを別々に予約するより断然お得です。

料金は常に変動しているので、最新の料金は以下よりご確認下さい。

【新幹線パック】福岡ー大阪

新幹線パックがいかにお得か

上の料金表でもっとも安い「トクトクこだま・ひかり」に、宿泊代(一泊7,000円)を加算して新幹線パックと料金を比較すると、こうなります。

  • トクトクこだま:23,400円
  • 新幹線パック :18,000円〜

新幹線パックがお得なのがよくわかります。

新幹線パックの特徴・メリットは下記の通りです。

  • 「新幹線往復+ホテル」セットで格安料金
  • のぞみ、さくら、こだまを選べる
  • ホテルのグレードを選べる
  • 前日まで予約可(平日は当日6時間前まで)
  • 1人予約だと割高になる

【新幹線パック】福岡ー大阪

福岡ー大阪の新幹線パックの詳細はこちらをご覧ください。
関連ページ:《往復18,000円〜》大阪ー福岡(博多•小倉)の新幹線パックが超お得!

 

【博多駅から新大阪駅の格安チケット】新幹線「こだま」を利用する場合

福岡・博多ー新大阪の格安チケット

新幹線のみ利用する場合は、こだま(またはひかり)乗車限定の格安チケットがお得です。

安さ最優先の人は、こだま・ひかり利用がおすすめです。

博多ー新大阪の「こだま」格安チケット

博多ー新大阪間のこだまの格安チケットは、実はたくさんあります。

まず、JRが販売している「こだまスーパー早特きっぷ」があります。料金は、博多ー新大阪が8,660円。
※こだまスーパー早特きっぷは販売終了しました。

他にもいくつかこだま格安チケットがあります。

  • きままにこだま(近畿日本ツーリスト)
  • こだまっぷ・ひかりっぷ(南海国際旅行)
  • ひかり・こだまでGOGO(JTB)
  • まる得こだま・ひかり(阪急交通社)
  • バリ得こだま・ひかり(日本旅行)
  • トクトクこだま・ひかり(JTB)

料金はどれも博多ー新大阪8,500円前後。これらは、旅行会社が販売しているいわゆる「旅行商品」で、JRの窓口、券売機では購入できません。

この中でも最もおすすめは、上でも紹介したJTBの「トクトクこだま・ひかり」です。他でキャンペーンが行われていなければ、これが最安です。ひかりも利用できます。

JTBは大手旅行代理店で安心感もあり一年中安定して安く、人気が高いです。

トクトクこだま・ひかり|料金・詳細

「トクトクこだま・ひかり」の詳細は以下にまとめられています。
関連ページ:【格安新幹線】JTB「とくとくこだま・ひかり」は安い?

デメリット:時間がかかる。博多駅から新大阪駅が4時間半〜

こだま(またはひかり)を利用するなら、時間がかかるのを許容する必要があります。

こだま乗車なら博多〜新大阪は4時間半〜5時間弱です。のぞみの倍近く時間がかかります。

  • のぞみ・みずほ:約2時間半
  • さくら:約2時間40分
  • ひかり:2時間40分〜3時間半
  • こだま:4時間半〜5時間弱

これが許容範囲なら格安チケットを利用してもいいでしょう。

ただし、博多〜新大阪のこだま格安チケットは「ひかり」も選択可能なので、ひかりを利用すれば時間短縮も可能です。

格安チケットの予約は前日〜14日前までに

こだま格安チケットは当日購入はできません。前もってネットから予約しておきます。

各チケットの予約期限は、以下の通りです。

予約期限
こだまスーパー早特きっぷ
※販売終了
14日前まで
きままにこだま 8日前まで
こだまっぷ・ひかりっぷ 4日前まで
ひかり・こだまでGOGO 7日前まで
まる得こだま・ひかり 8日前まで
バリ得こだま・ひかり 前日まで
トクトクこだま・ひかり 前日まで

 

格安新幹線キャンペーン情報!博多ー新大阪 5,000円もある!?

上にあげた、こだまの格安チケットは年に何度かキャンペーンが行われ、さらに格安になります。

過去の最安値では、博多駅ー新大阪駅が5,000円台になったこともあります。

「博多ー新大阪 5,000円」キャンペーンの詳細はこちらでまとめています。

 

【博多駅から新大阪駅の格安チケット】新幹線「のぞみ」を利用する場合

次に、のぞみを利用する場合です。

のぞみ利用なら最安は「スーパー早特きっぷ」で、以下の順に続きます。

  • スーパー早特きっぷ
  • EX早特
  • エクスプレス予約(EX予約)
  • eきっぷ・e特急券
  • 回数券(=金券ショップ)
  • 自由席
  • のぞみ(スマートEX)
  • のぞみ(普通車指定席)

1つずつ解説していきましょう。

スーパー早特きっぷ|11,690

スーパー早特きっぷはJR西日本が販売する早割きっぷです。山陽・九州新幹線を格安で利用できる貴重なチケットです。早割なので14日前までの購入が必須です。

最大のメリットは、のぞみ・みずほに格安で乗れることです。安さ(こだま)より時間を優先する人は、スーパー早特きっぷを利用するといいでしょう。

  • 博多ー新大阪:11,690円

EX早特|12,770円〜

EX早特は、EXサービス(エクスプレス予約、スマートEX)の会員になると利用できる早特きっぷです。

早特なので3日前までの購入が必須ですが、スマホアプリ「EXアプリ」などからも簡単に予約・変更できるので、比較的使いやすいきっぷです。

EX早特は、平日と休日では料金が違います。休日利用の方が割引率も高いです。

  • 博多ー新大阪:12,770円(土休日)
  • 博多ー新大阪:13,140円(平日)

エクスプレス予約(EX予約)|13,490円

エクスプレス予約(EX予約)サービスはJRの有料会員サービスです。登録が必要です。年会費は1,100円。

エクスプレス予約を利用すると通常料金から約1割引きになります。

エクスプレス予約(EX予約)のメリットは下記の通り。

  • 直前予約でも割引率が大きい
  • のぞみに安く乗れる
  • お盆・年末年始・GWもおトクな会員価格

回数券よりも安くなるので、頻繁に新幹線を利用する人は有料会員になる価値はあります。

  • 博多ー新大阪:13,490円

eきっぷ|13,490円

eきっぷは、JR西日本のオンライン予約サイト「e5489」から購入できるチケットで、新幹線をはじめとした特急券が割引価格になります。

e5489を利用するにはJ-WEST会員登録が必要になります。無料なので、頻繁に新幹線を利用する人は登録しておくと便利です。

  • 博多ー新大阪:13,490円

e特急券|13,490円

e特急券は、エクスプレス予約限定で購入できるチケットで、新幹線特急券が割引価格になります。スマートEXでは購入できません。

e特急券は往復割引などと組み合わせ可能で新幹線料金を安くできますが、同じ会員限定サービスなら「EX予約」や「EX早特21ワイド」の方が割引率も高いですし、ペーパーレスで使いかっても優れているので、こちらを利用することをおすすめします。

  • 博多ー新大阪:13,490円

回数券(=金券ショップ)|13,520円

格安チケットといえば、金券ショップが真っ先に思い浮かびますが、思っているほどお得ではありません。

金券ショップで売っているのは回数券のバラ売りですので、割引率は約3〜5%程度。また、新幹線の回数券が設定されていない区間もありますし、お盆・年末年始・GWは使用できません。

しかし、当日手軽に割引を受けられる回数券はやはり人気です。団体旅行する場合や特定区間の新幹線を頻繁に利用する人は購入しておいてもいいでしょう。

新幹線の回数券は、短距離区間なら自由席、中長距離区間なら指定席に設定されています。

往復の場合は、2枚使います。往復割引はありません。

  • 博多ー新大阪:13,520円

自由席|14,750円

最もお手軽で新幹線を安くする方法は、「自由席に座る」ことです。

誰でもできますし、当日でもできますし、ネット予約も事前予約も要りません。自由席を選ぶだけで数百円安くなります。のぞみの自由席に座れば時間も短縮できます。

始発駅から乗車する場合は、とにかく並べば必ず座れますからコスパの良い格安術です。

  • 博多ー新大阪:14,750円

のぞみ(スマートEX)|15,400円

スマートEXはエクスプレス予約(EX予約)と同様、JRの会員サービスです。登録が必要ですが、年会費は無料です。

スマートEXを利用すると通常料金から200円割引きになります。

エクスプレス予約(EX予約)と比べると割引はあまり期待できませんが、登録しておくだけでメリットはたくさんあります。

  • スマホで簡単に新幹線の予約ができる
  • 早特商品が利用できる(EX早特、EX早特21など)
  • 何度でも無料で予約変更可

損することはありません。

  • 博多ー新大阪:15,400円

のぞみ(普通車指定席)|15,600円

乗車当日に駅の窓口や券売機で切符を買うのは最終手段です。

あまり賢い方法ではありません。割引等は一切ありません正規料金です。

  • 博多ー新大阪:15,600円

 

福岡・博多ー新大阪の新幹線グリーン車料金を格安にするには?

博多ー新大阪の新幹線グリーン車を格安するケースを見てみます。

まず、山陽新幹線のこだまにはグリーン車はありません。グリーン車を利用する場合は、こだま以外に乗車する必要があります。

「ひかり」グリーン車は超格安!

格安チケットの中で唯一、「とくとくこだま・ひかり」でひかりのグリーン車に乗車できます。しかもたったの+1,000円で利用できます。これがグリーン車の最安です。

  • 博多 ー 新大阪:9,600円

トクトクこだま・ひかり|料金・詳細

博多ー新大阪「のぞみ」の格安グリーン車と料金

EX早特を利用すると、博多ー新大阪の「のぞみ」グリーン車が安いです。

  • 博多 ー 新大阪:16,810円(平日)
  • 博多 ー 新大阪:16,440円(土休日)

通常料金が21,670円なので、4,000円前後お得です。3日前までの予約で利用可能です。

EX早特以外なら、EX予約が選択肢になります。

 

福岡・博多ー新大阪の新幹線こども料金を格安にするには?

基本的に、こどもの新幹線料金はおとなの半額ですので、おとな料金で格安なきっぷはこども料金も安いです。旅行会社が販売する格安新幹線チケットも半額のケースがほとんどです。

ただし、あくまで「基本的に」です。
なかには、こども料金が一律でお得なきっぷもある一方、こども設定がないチケっとももあります。

宿泊する場合は、子供連れでも「新幹線パック」がおすすめです。

【新幹線パック】福岡ー大阪

 

福岡・博多ー新大阪の新幹線シニア料金を格安にするには?

50歳以上であれば、「おとなび」を使って新幹線を利用するのもお得です。

おとなび会員(無料)になれば、下記3つの特典が利用できます。

  1. おとなびWEBパス:新幹線・在来線乗り放題(3日間)
  2. おとなびWEB早特:新幹線料金最大60%OFF
  3. おとなび格安旅行:会員限定の旅行商品。「新幹線+ホテル」セットが格安

うまく利用すれば、かなりお得です。