TOP

品川駅から新大阪駅【往復割引20,600円〜】新幹線の往復料金が格安に!

東京ー大阪の格安新幹線

 

格安マスター
品川ー新大阪の新幹線格安チケットの情報をまとめました。

 

まず、東京都内には新幹線の駅が「東京駅」と「品川駅」の2つがありますが、「品川〜新大阪」と「東京〜新大阪」の料金は同額です。

 

新幹線で品川ー新大阪を往復すると、通常料金は以下の通り。

  • のぞみ    :29,440円
  • ひかり・こだま:28,800円

高いですよね。この往復3万円をどうにか安くしたい。

幸い、往復なら格安にする選択肢は多いです。
ただ、往復にも色々ケースがあって、宿泊ありの往復、きっぷのみで往復、日帰り、など条件によって格安にする方法は異なります。

どうすれば品川ー新大阪の往復料金を安くできるか?
早割?往復割引?回数券?他に安いチケットはあるの?

こういった疑問に回答していきます。

 

格安マスター
とりあえず、簡単に結論を書いておくよ!

品川ー大阪の往復新幹線 

  • 品川/大阪で宿泊するなら
    「新幹線パック」が最も格安!往復22,500円〜(1泊宿代込み)

    【新幹線パック】東京ー大阪

  • 日帰りならのぞみ乗車可で格安
    「日帰り新幹線」で往復20,600円〜

    日帰り新幹線(東京ー大阪)

  • こだまで往復でもOKなら最安
    「ぷらっとこだま」「EXこだまファミリー早特」で往復20,160円〜

 

では、詳しく解説していきましょう。

品川ー大阪の新幹線の格安チケット情報はこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:【新大阪ー品川10,080円〜】料金の安い新幹線・格安チケットを一挙に紹介!

 

品川ー新大阪の「往復」新幹線料金

東京・品川_格安新幹線

まずは、品川ー新大阪の往復の新幹線料金を一覧にまとめておきます。

品川から新大阪(下り)、新大阪から品川(上り)どちらも同じ料金です。

(品川から新大阪・新大阪から品川)往復の新幹線料金

格安マスター
一目でわかるように品川ー新大阪の新幹線料金リストを作成しました!

安い順に並べると以下の通り。

※往復割引は適用されません。

東京•品川ー新大阪 片道 往復
EXこだま
ファミリー早特
10,080円 20,160円
日帰り新幹線 20,600円〜
ぷらっとこだま 10,800円 21,600円
新幹線パック 22,500円〜
※1泊宿代込
EX早特21ワイド 12,370円 24,740円
EXのぞみ
ファミリー早特
12,570円 25,140円
EX予約 13,620円 27,240円
e特急券 13,820円 27,640円
自由席
自由席(スマートEX)
13,870円 27,740円
回数券 13,940円 27,880円
ひかり・こだま
(スマートEX)
14,200円 28,400円
ひかり・こだま 14,400円 28,800円
のぞみ(スマートEX) 14,520円 29,040円
のぞみ 14,720円 29,440円

品川ー新大阪は往復割引がない?

新幹線で往復というとJRの往復割引が使える!と思う人も多いでしょう。品川ー新大阪の往復割引はどうでしょうか?

JRの往復割引は、その区間の片道の営業キロが601km以上の場合に適用される、というルールがあります。

品川ー新大阪間は600km未満なので、残念ながら往復割引がききません。

JRの往復割引はありませんが、旅行代理店から販売されている旅行商品を使えば、新幹線を往復で予約することによって割引率の高い「往復割引」を受けることができます。

 

「品川駅」と「東京駅」利用の違いは何かあるの?料金は同じ?

新幹線格安チケット

一言で言ってしまえば、「違いはない」です。

品川駅を利用しても東京駅を利用しても新幹線料金は同じですし、使える格安チケットも同じなので、料金面での損得の差異は全くなし。同じ駅と扱っていいでしょう。

品川駅のメリット・デメリット

ただし、駅構内で販売されるお土産や食べ物が豊富なのは東京駅です。有名な東京土産でも東京駅にはあるけど、品川駅にはないということは多々あります。この点は1つデメリット。

また、新幹線自由席に座りたい場合は、品川駅は確実に不利です。特に混雑期は品川駅乗車だと座れないことも多いでしょう。

あとは交通の利便性の違いで、横浜方面、羽田空港に行き来する人、京急線を利用する人は品川駅を利用した方がいいですね。東京駅で乗降する意味はありません。

 

品川ー新大阪の往復なら格安「新幹線パック」往復22,500円〜

新幹線ホテルパック

品川ー大阪を新幹線で往復する場合、第一の選択肢は「新幹線パック」です。

【新幹線パック】東京ー大阪

格安マスター
「新幹線パック」は要チェック!

料金が超格安!新幹線パックとは(品川ー大阪)

新幹線パックは 以下の2つがセットになった旅行商品です。

  • 新幹線往復チケット(品川ー新大阪)
  • ホテル宿泊

宿と新幹線きっぷがセットになることで、特別割引がきいて料金が劇的に安くなるのが最大の魅力です。新幹線パックを利用すると、品川ー大阪の新幹線は往復で22,500円〜になります。

のぞみ指定席の通常料金が29,440円ですから、「新幹線パック」は8,000円程度安いです。しかも「新幹線パック」は宿代込の料金です。

【新幹線パック】東京ー大阪

新幹線パックの特長・ポイント

新幹線チケットとホテルを別々に予約するよりはるかに格安で、新幹線チケットの料金だけでみれば、実質半額になることもあります。

新幹線パックの特長はこんな感じです。

  • 「新幹線きっぷ+ホテル」セットで特別割引料金
  • のぞみ・ひかり・こだま等を選べる
  • グリーン車も選択できる(料金は割増)
  • 新幹線の時間が自由に選べる
  • 直前(前日)まで予約可
  • ホテルのグレード(格安〜高級)を選べる

料金は時期によって変動しますので、最新料金は公式サイトでチェックしてください。

【新幹線パック】東京ー大阪

 

「新幹線パック」がいかに安いか?往復割引料金を比較!

「新幹線パック」がどれほどお得か、より具体的に見てみましょう。

(品川ー新大阪)往復の新幹線料金比較

新幹線パックとその他の乗車手段の料金を一覧表にして比較してみました。(宿代:1泊6,000円と仮定して加算)

品川ー新大阪 往復 往復+1泊
新幹線パック 22,500円〜
EXこだま
ファミリー早特
20,160円 26,160円
ぷらっとこだま 21,600円 27,600円
EX早特21ワイド 24,740円 30,740円
EXのぞみ
ファミリー早特
25,140円 31,140円
EX予約 27,240円 33,240円
自由席 27,740円 33,740円
回数券 27,880円 33,880円
ひかり・こだま 28,800円 34,800円
のぞみ 29,440円 35,440円

ご覧の通り、新幹線パックが断然格安であることがわかります。

格安チケットといわれる「EXこだまファミリー早特」や「ぷらっとこだま」と比べても断然格安です。

【新幹線パック】東京ー大阪

 

【日帰りの料金】品川ー新大阪の新幹線が往復20,600円〜

日帰り新幹線パック

次に、日帰りで品川ー大阪を往復する場合の新幹線料金です。

品川ー大阪の日帰り往復なら「日帰り新幹線」が安い

品川ー大阪の日帰りなら、JTBの「日帰り新幹線」が安くて便利です。

旅行代理店から販売される旅行商品で、料金が格安になります。品川から大阪(下り)、大阪から品川(上り)で料金が異なります。

  • 品川から大阪:往復21,000円〜
  • 大阪から品川:往復20,600円〜

日帰り新幹線のメリットは以下のような感じです。

  1. 品川ー大阪の新幹線日帰りが格安
  2. のぞみに乗車できる
  3. 座席指定
  4. 一人でも利用可
  5. 直前まで予約可(前日もしくは2日前)

日帰り新幹線はのぞみに乗車できるので時間的なメリットも大きいです。品川ー大阪の日帰りなら一度、日帰り新幹線をチェックしてみましょう。

日帰り新幹線(東京ー大阪)

品川ー大阪の「日帰り」新幹線に関してはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:【品川ー大阪】安い「日帰り」新幹線20,600円〜

日帰り新幹線で往復料金はどれくらいお得?

日帰り新幹線と他の早割チケットを利用した場合の料金比較は以下の通りです。

往復料金
(品川ー大阪)
日帰り新幹線 20,600円〜
EXこだま
ファミリー早特
20,160円
ぷらっとこだま 21,600円
EX早特21ワイド 24,740円

ご覧の通り、料金的にはEXこだまファミリー早特が最も安いです。

日帰り新幹線はのぞみ乗車も可能なので、コスパを考えるとイチオシの格安チケットといえます。

日帰り新幹線(東京ー大阪)

しかし、EXこだまファミリー早特はこだま限定で、会員限定の早割チケットです。また、2人以上利用で3日前までに予約が必要という制約もあります。

こだまで品川ー新大阪の日帰りは、往復9時間ですので現実的でないかもしれません。ぷらっとこだまも同じです。

 

【新幹線きっぷ単体】こだまなら格安料金!品川ー新大阪:往復20,160円〜

格安新幹線

宿泊でもなく日帰りでもなく、単に品川ー新大阪を往復する新幹線チケットが欲しい場合もあるでしょう。

そういった場合、新幹線料金を最も安くする方法は、こだまを利用することです。

二人以上なら「EXこだまファミリー早特」で往復20,160円

利用人数が二人以上の場合に限られますが、最安を目指すなら「EXこだまファミリー早特」がおすすめです。

  • 品川 ー 新大阪:往復20,160円

「EXこだまファミリー早特」はJRの会員サービス「エクスプレス予約」または「スマートEX」で、3日前まで予約・購入できます。

「EXこだまファミリー早特」は下記のような格安きっぷです。

  • 品川〜大阪の各区間の新幹線が格安
  • こだま乗車
  • 3日前まで購入可能(Web予約)
  • 指定席乗車
  • 片道/往復、上り/下り利用可
  • 変更・キャンセル可

こだま利用なので、時間は少しかかります。新大阪ー品川は4時間程度。もちろん、ひかりにも乗車はできません。

「ぷらっとこだま」なら品川ー大阪 往復21,600円

次いで料金格安なのが「ぷらっとこだま」です。名称は聞いたことがある人も多いでしょう。

人気のこだま格安チケットです。やはり料金の安さが魅力です。

  • 品川 ー 新大阪:往復21,600円

「ぷらっとこだま」はこのようなきっぷです。

  • 東海道新幹線のこだまが格安
  • 指定席乗車
  • 乗車便選択可
  • こだま乗車+1ドリンク付
  • 前日まで購入可能(Web予約は5日前まで)
  • 片道/往復
  • 上り/下り利用可
  • 一人でも利用できる
ぷらっとこだまの詳細はこちらにまとめています。
関連ページ:ぷらっとこだま料金【2022料金表】往復・日帰りなら往復割引でより安く!

のぞみで往復なら早割料金の「EX早特21ワイド」

やっぱり時間がかかるから「のぞみ」がいい、という人は「EX早特21ワイド」です。

のぞみ乗車で最も安い往復手段になります。

  • 品川 ー 新大阪:往復24,740円

「EX早特21ワイド」早特きっぷなので21日前までの予約が必要ですが、料金は格安です。

21日前までの予約が厳しいなら、「EXのぞみファミリー早特」直前まで予約可能な「EX予約」を利用するのがいいでしょう。

 

品川ー大阪の往復を割引にするその他の格安術・安いきっぷ

新幹線格安チケット

ここまで紹介してきた方法のどれも利用できないという人もいるかもしれません。

そんなときは、以下の格安きっぷも検討してみてください。前述の通り、品川ー新大阪は往復割引がありません。

格安マスター
他にもいろいろ割引の方法があるよ!

EXのぞみファミリー早特

  • 品川 ー 新大阪:往復25,140円

EXのぞみファミリー早特は名称の通り、のぞみに乗車可能な早特きっぷです。早特なので3日前までの購入が必須ですが、のぞみ料金が格安です。

ただし、EXのぞみファミリー早特は以下の通り制限も多いチケットです。

  • 3日前までに予約
  • 2人以上の乗車
  • 土休日の乗車限定

条件があえば、お得に旅行できます。

e特急券

  • 品川 ー 新大阪:往復27,640円(指定席)

e特急券は、エクスプレス予約限定で購入できるチケットで、新幹線特急券が割引価格になります。スマートEXでは購入できません。

e特急券は往復割引などと組み合わせ可能で新幹線料金を安くできますが、同じ会員限定サービスなら「EX予約」や「EX早特21ワイド」の方が割引率も高いですし、ペーパーレスで使いかっても優れているので、こちらを利用することをおすすめします。

エクスプレス予約(EX予約)

  • 品川 ー 新大阪:往復27,240円(指定席)

エクスプレス予約(EX予約)サービスはJRの有料会員サービスです。登録が必要です。年会費は1,100円。

エクスプレス予約を利用すると通常料金から約1割引きになります。

エクスプレス予約(EX予約)のメリットは下記の通り。

  • 直前予約でも割引率が大きい
  • のぞみに安く乗れる
  • お盆・年末年始・GWもおトクな会員価格

回数券よりも安くなるので、頻繁に新幹線を利用する人は有料会員になる価値はあります。

自由席

  • 品川 ー 新大阪:往復27,740円(指定席)

最もお手軽で新幹線を安くする方法は、「自由席に座る」ことです。

誰でもできますし、当日でもできますし、ネット予約も事前予約も要りません。自由席を選ぶだけで数百円安くなります。のぞみの自由席に座れば時間も短縮できます。

始発駅から乗車する場合は、とにかく並べば必ず座れますからコスパの良い格安術です。

回数券・金券ショップ(往復割引なし)

※品川ー新大阪の回数券は廃止となりました。

  • 品川 ー 新大阪:往復27,880円(指定席)

格安チケットといえば、金券ショップが真っ先に思い浮かびますが、思っているほどお得ではありません。

金券ショップで売っているのは回数券のバラ売りですので、割引率は約3〜5%程度。また、新幹線の回数券が設定されていない区間もありますし、お盆・年末年始・GWは使用できません。

しかし、当日手軽に割引を受けられる回数券はやはり人気です。団体旅行する場合や特定区間の新幹線を頻繁に利用する人は購入しておいてもいいでしょう。

新幹線の回数券は、短距離区間なら自由席、中長距離区間なら指定席に設定されています。

往復の場合は、2枚使います。往復割引はありません。

学割

JR指定の中学・高校・大学や専修・各種学校の学生なら学割が利用できます。

営業キロ数が101キロ以上の区間の乗車券が2割引になります。特急券は割引になりません。

往復で宿泊する場合などは、新幹線パックの方がお得になる可能性が高いです。

障害者割引

身体障がい者および知的障がい者は乗車券が半額になります。特急券は割引になりません。

身体障害者手帳または療育手帳の記載が「第2種」の場合は本人のみ、「第1種」の場合は同伴の介護者も割引になります。往復割引、乗り継ぎ割引等も併用できるので該当する人は利用しない手はないです。

ただし、往復で宿泊する場合などは、新幹線パックの方がお得になる可能性が高いです。

往復で宿泊する場合などは、新幹線パックの方がお得になる可能性が高いです。

スマートEX

スマートEXはJRの無料会員サービスです。登録が必要です。

スマートEXを利用すると通常料金から200円引きになります。

わずか200円ですが、スマートEXは登録させしておけば、区間によっては早割のEX早特21ワイドなども利用できるので損することはありません。登録無料です。

EXアプリというスマホアプリをインストールしておけば、いつでもどこでも簡単に新幹線の予約ができます。新幹線によく乗る人は必須です。